薬剤師は簡単に転職できるのか

今、薬剤師の転職状況ってどうなっているの?

薬剤師は簡単に転職できるのか

専門性が高いと言われている薬剤師は、転職しやすいのでしょうか。詳しくみていくことにしましょう。結論からいいますと、職場を選ぶことをしなければ、すぐに転職することができるといえます。 つまり、薬剤師として働ける職場であれば、どこでも良いと考えているのなら、そこそこの労働条件や雇用条件で働ける場所があるということです。

とはいえ、仕事を選び始めたら、だんだんと選択肢が限られてきます。これは、当然のことと言えば当然のことですが、特に薬剤師の場合、条件が良い求人はすぐに応募が殺到して、選考のみで落とされることもあります。 このようにみていくと、やはり薬剤師の転職は簡単ではないと見えてしまいますが、結局のところ本人次第といえそうです。

なぜなら、人によって捉え方に違いがあるからだといえるでしょう。例えば、6年制が導入されたことや、30代、40代の女性薬剤師の復職が盛んになったことにより、薬剤師が溢れてきたため転職しづらいと考える人がいたとします。しかし、同じような状況を見ていても、悲観的には捉えず、より専門性を高めて転職に有利なスキルを身につけようと、努力することを考える人もいるわけです。

また、今後も高齢者が増加することを受け、地域医療や介護関連の業種にシフトし、活躍することを考えている薬剤師も多いと言えます。

上記のように考えている薬剤師は、そもそも他の薬剤師とは違ったスキルを高めるというよりは、専門性を高めて活躍しようとしていたり、これから伸びていく市場を見越して、努力している人が多いと言えそうです。

以上、薬剤師の転職は簡単なのかについてみていきましたが、いかがだったでしょうか。つまるところ、専門性を高めて、自分の要望に合った職場で仕事をすることを選ぶか、職場を選ばず働くかの2択となってくることが分かります。

これは、極端な例ではありますが、ただ淡々と仕事をこなしているだけではダメだと言うことです。確かに、薬剤師は国家資格でもありますし、資格を持っていない人より転職に大いに有利ではありますが、油断はできないのです。