薬剤師の新薬の研究・開発に関わる仕事

薬剤師の転職先、製薬企業での研究・開発への道は険しい?

薬剤師の新薬の研究・開発に関わる仕事

医療現場で使用される薬というものは、開発し販売すればそれで終わり、というものではありません。同じ効果を持つ薬であっても、製造コストや投資金額を抑える事が出来るよう、後発医薬品の研究開発なども日々行われているのです。

また、新薬に関する研究・開発については薬学の専門家だけではなく、化学や医学に携わる研究者を中心とした、多分野の優秀な人材が投入されています。勿論、薬剤師が新薬の研究・開発において、重要な役割を果たしていることは言うまでもありません。

こういった新薬の研究開発に携わるためには、製薬メーカーや新薬の研究施設において研究員として採用される必要がありますが、募集基準として大学院修士課程修了以上という条件が課せられたものがほとんどです。そのため、新薬や後発医薬品の研究・開発に関わった仕事がしたいという場合は、薬学部を志望する際にあらかじめ、大学院への進学を目標としておくことも重要となります。

加えて、近年は臨床の現場において薬剤師の需要が高まってきており、関連の求人数も増加傾向を見せています。特に、製薬メーカー(日系・外資)のCROのCRA(臨床開発モニター)やファーマコビジランス(安全性情報)、PMS(市販後調査)などで、有能な薬剤師を求める傾向が強まってきています。

研究員としてではなく、これらの仕事で新薬・後発医薬品への開発に関わりたいという場合は、薬剤師資格を取得した後、製薬メーカーへの就職・転職を目指すという流れになります。

いずれにしても、新薬などの研究・開発に関わる仕事に携わるためには、調剤薬局や病院に勤めるのとはまた別の、薬学・医学に関する幅広い知識と専門性が求められるという事は押さえておきたいところです。

この道を選ぶ薬剤師に求められるものは、仕事に対して明確なビジョンと目的を持ち、それに向かってわき目も振らずに邁進できる、積極性と貪欲さ、そして決して諦めない強靭な精神力だと言えるでしょう。